出会いアプリの女子の参加率&利用割合


出会いアプリを一度は使って見ようかなと踏ん切りがつかないで後回しにしている男性の一番気になるのは女子の参加率、男女の割合でしょう。
わざわざスマホにインストールしてログインして利用したら男だらけって結果だったら最悪ですからね。
それが一番気になるところだと思います。

女性の方も男女の比率は気になると思いますし、サクラの存在も気になると思います。
気にしだしたらきりがないので取りあえず無料であれば思い切って利用して見る事をお勧めします。


肝心の女子の利用率ですが、平成の頃は確かに少なくサクラが多いって感じでした。
ですが平成後半から令和にかけてスマホが主婦でも子供たちでも気軽に持てるようになりました。
まだまだ毎月のネットの使用料は高いですが、シムフリーのおかげで家にいればwifiを使えますし、外出先でも無料のwifiが使える場所は多いです。
フリーwifiが増えたおかげとドコモなどのキャリアから買わなくてよくなったのがスマホユーザーが増えた理由でしょう。

LINEのようなアプリを使えば電話の通話料も無料とあって家族全員でスマホを持っているケースも少なくありません。
昔のような子供が長電話をして数万円の請求がNTTからあるって事はこの時代ないですからね。
そう言うバックボーンもあって女子の利用率が増えてきており、またSNSの普及に伴い知らない人とオンライン上で知り合う楽しみも覚えてきたのではないでしょうか。

全てはスマホの普及とSNSの恩恵なのですが、そもそもネットは本来コミィニケーションを取れる便利なツールだったので女性ウケするのは保障されていた感があります。
しかしパソコンは難しそう、キーボードの入力が大変そう、パソコンはオタクが使ってそう、大きな機械はそもそも苦手って感じで見た目だけで敬遠していたのだと思います。

それがガラケーと言われるケータイになってスマートフォンになって、見た目がオシャレになったし使い勝手も良くなったので女性に一気にネットが普及したってイメージです。
まず見た目を大前提にもの選びに敏感になるのが女性の思考です。
見た目がダサいとか難しそうだとブームにはなりませんからね。
スマホの見た目と便利性が女性ユーザーの爆発的な増加率に貢献しました。


出会いアプリも昔のパソコンからの出会い系とは打って変わってイメチェンしましたし、女性っぽいデザインのアプリが増えました。
若者何て普通に友達を増やす1つのツールとして使用していますからね。